個人事業主、経営者の「楽しく働く」を実現する
メニュー

マインドプラスの目的(企業理念)は、
個人事業主、経営者の「楽しく働く」を実現することです。

私たちにとって、企業理念とは、私たちの「存在理由」でもあります。マインドプラスが何のために存在しているのか?何のために活動しているのか?その根本となる理由を知っていただければ嬉しいです。

 

企業理念 「楽しく働くを実現する」に込められた意味

私たちが起業する少し前、こんなアンケート結果を目にしました。
 
本の高校生」の80%以上が「将来がどうなるか不安」と考えている。
うち、20%以上が「将来、いいことないので考えてもつまらない。」と考えている。
「日本の社会人」にアンケートをとったところ、65%が「仕事を楽しめていない」と答えている。
 
若者にとって、「社会人」は「自分の未来の姿」でもあります。
 
その未来から、
「仕事って楽しくないよ」「学生の時が楽しいよ」と言われたら、
「未来」に「希望」は持てなくなります。
 
親、親戚、兄、姉、先輩、先に働きだした友人。
周りにいる大人が「働く」を楽しんでいないと、
「未来」のために「今」を生きられなくなります。
 
 
事=辛いもの

 

代表の春明も、社会人になるまでの間、
仕事に対してそんなイメージを持っていました。
 
その理由も、「楽しく仕事していない大人」達から
「学生の時が一番楽しいよ。」「働くのは辛いからね。」と言われて
育ったからでした。
 
だけど、社会人になってから運よく「楽しく働く人達」と出逢うことができました。
そして、楽しく仕事ができる希望を持ち、そのために行動し続けました。
 
その結果、心から「仕事が楽しい」と言える状態になりました。
 
働く人たちにとって、「仕事」は一日のほとんどの時間を占めます。
もし、その時間がつまらないものであれば、人生のほとんどがつまらない時間になります。
 
 

だけど、ビジネスって難しく考えやすいんですが…

結局、

1.知ってもらう
2.信頼してもらう
3.買ってもらう
4.幸せになってもらう

それだけなんです。


その4つにさえ、注力をしていれば
集客もお客様満足度も、
そして、ビジネスの幸福度もあがっていきます。

 

もう少し、具体的にお伝えします。

 

多くの人が苦しみやすいのが、
1の「知ってもらう」になります。


SNSやっても、ホームページつくっても、
全然認知度が上がらない…。

 

そんな課題を抱えている方がほとんどです。


だから、1の「知ってもらうこと」に必死になります。

 

そして、それが叶わないから、
ずっと、そこから脱することができなくなります。

 

…でも、まずお伝えしたいのが
「1.知ってもらう」に注力しないでもらいたいんです。

 

結局、ビジネスの最終的なゴールは、
「4.幸せになってもらう」なんです。


いくら知ってもらっても、
いくら買ってもらっても、
お客さんが幸せにならなければ
ビジネスは苦しいものに変わります。


過去に、セールスが上手で、
莫大な売り上げを誇っていた起業仲間がいました。


だけど、彼は、
「1.知ってもらうこと」と
「3.買ってもらうこと」だけに
集中した結果…

お客様満足度が低くなって、メンタルを壊し、撤退しました。


彼と同じような状況になった

「一時的に売れて壊れていく起業家」を沢山見てきました。


だから、一番大事なのは、
「4.幸せになってもらう」なんです。

 
マインドプラス,企業理念,伝えられる人を増やす理由
 

 

ひとりのお客さんから満足してもらうこと。
ひとりのお客さんから幸せになってもらうこと。

それは1000人を集客するより幸せなことです。


僕も、最初に幸せになってくれたお客さんのことを
10年以上経った今でも、鮮明に覚えています。

 

 

そして、幸せになってもらうために、
「3.買ってもらう」が必要になります。


だけど、ただ買ってもらうのではなく、
「幸せになってもらう」ための「買ってもらう」です。

 

そのためには、
「2.信頼してもらう」が必要になります。


信頼なき商品は、結局買っても活用しないから。


私たちも付き合いで買った商品、付き合いで参加した講座、いくつかあります。


でも、それがどれだけいい商品でも、使うことはありませんでした。

どれだけいい話をされても、心に入ってくることはありませんでした。


そして、日々沢山の方達と言葉を交わしていく中で、
今はますますそんな時代になっていて、
これから、もっとそんな時代になっていくと感じています。

 

お客さんを幸せにする。
そのために、買ってもらう。

お客さんを幸せにする。
そのために、信頼してもらう。


そして、そのための
「1.知ってもらう」が必要なんです。


だから、考える順番としては

1.知ってもらって
2.信頼してもらって
3.買ってもらって
4.幸せになってもらう

じゃなくて…逆なんですよね。

 

4.幸せになってもらう
ために、誰に何を提供するか?
3.買ってもらう
ために、どういう仕組みをつくるか?
2.信頼してもらう
ために、どこで何を、どう伝えるか?
1.知ってもらう
ために、どんなツールをどう使うか?

 

この順番で考えていってもらいたいんです。


まず、大事なのは
「知ってもらうこと」じゃありません。

 

「幸せをつくること」なんです。


そのために、買ってもらう。
そのために、信頼してもらう。
そのために、知ってもらう。
があるんです。

 

マインドプラスは、講座、スクール、書籍…

そして、オンラインサロン「ファンビス」を通じて、

その方法をお伝えしています。

 

実践できるレベルまで落とし込んでお伝えしています。


そして、「これしかない!」と断定することなく、
色んな方法を伝えています。


これからも、角度を変えながらお伝えしていきます。


それは、ただただ結果を出すだけじゃなく、
楽しんで仕事してもらうためです。


それぞれの趣味嗜好があるので、
それぞれに合う方法でやれるように…。

 

 


「楽しく働く」
小さい頃から、それは、とても叶いそうもない夢物語でした。


だけど、諦めきれなくて、ひたすら向かっていって、心折られて…。
立ち上がっては向かい、また倒れて…。

を繰り返していきました。


そして、胸を張って
「働くことって楽しい」と言い切れるようになりました。

 

それから、夢は、
「楽しく働く人を増やすこと」になりました。


そのために、ずっと活動し続けています。

そのために、ずっと活動し続けていきます。

 
 
 
Payday lenders it down online loans that are not payday loans financial industry.
Payday lenders it down online loans that are not payday loans financial industry.