キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル







【起業失敗談】一生食べていける仕事がだめになった時に気付けたこと。

 

 

営業先の人 「良いサービスですね。購入させていただきます!!」

僕 「ありがとうございます!!!」

営業先の人 「また、内容を決めてこちらから連絡しますね^^」

僕 「はい!!よろしくお願いします!!」


打ち合わせを終えて、帰路につく。

 

起業失敗談

 

キッチンを事務所代わりに使っている

東京都北区にある自宅に帰る。


キッチンのドアを開けると

4か月前に一緒に起業した仲間が2人机に向かってた。


「今回こそ、仕事取れたよ!!」

その二人に、笑顔でそう告げる。


「すごいね!やったね!ありがとう!!」


「そうやって、喜んでくれている。」

だけど、スタッフの反応は、一度目の”それ”を告げた時よりも薄い。


「仕事取れたかもしれないよ!!」

そう告げるのは、もうこれで何十回目かでした。

 

 

起業失敗談


起業して4か月が過ぎて、

交流会を中心に何百の人に会っていました。


「良いサービスですね。また連絡します。」


そう言ってもらったのも、

これで何十回目かわかりません。


そのたびに、期待で胸は膨らんで・・・

そのたびに、スタッフの期待も膨らませて・・・

だけど、結局一件も仕事はとれてない状態でした。


だけど、この日の人はいつもと違った。


「購入させていただきます!」

と確かに言ってくれました。


約束してくれました。


だから、本当に嬉しかった。

そして、翌日お礼のメールを送りました。

 

起業失敗談


それから一週間返信はありませんでした。


仕事はすぐにでもほしい。

 

だけど、焦って連絡したら、失礼かもしれない・・・。

一生懸命に検討してくれてるのかもしれない・・・。

もしかしたら、他にも検討しているのかも・・・。

でも、うちに決めると言ってたし・・・。

 


そうやって、やきもきしながら

一週間後に、こちらから連絡したら

 

「他社に決まっちゃったんですよ。」

 

と当たり前のように言われました。


凹みました。

「購入しますね。」と言ってくれたのに・・・。

約束したはずなのに・・・。

 

だけど、正直「やっぱりな。」という気持ちも半分ありました。


「良いサービスですねー。

うちもほしいです!!!」


そう言われて、浮かれて・・・

期待して、期待を裏切られて・・・


「これだったら、売れますよー!!」

そう言われて、喜んで・・・

結局、売れなくて・・・


そのたびに傷ついたり、凹んだりしてた僕は

「期待しなければ、傷つかなくて済む」

「なるべく期待しないようにしないと!!」

いつしか、自分にそう言い聞かせるようになっていました。


だけど、いくら心をコントロールしようとしても・・・

いくら心を揺さぶられないようにしても・・・


売り上げはゼロ。

このままだと会社はつぶれてしまいます。

 

 

ちょうどそんな頃・・・

知り合いの紹介で、とある会社の社長と会うことになりました。

 

起業失敗談


その社長は雑誌にも取り上げられていて

僕自身メルマガを愛読してした人。


「すごいなー。

こんな風に活躍できたら良いなー。」

いつも、そう思ってた人。

期待に胸が膨らみました。


会う日が待ち遠しくて・・・

だけど、批判されそうで怖くて・・・

でも、待ち遠しくて・・・


そうこうしているうちに、その日がやってきました。

 

 

起業失敗談


通された事務所の応接室。

20分ほど、待たされました。


だけど、その間もずっと僕の胸は高鳴っていました。


もしかしたら、良い話になるかも・・・。

一緒に仕事ができるようになったら・・・。


20分後に、その人は現れました。

そして、興味深そうにうちの会社の話を聞いてくれました。


そして、約束の1時間の打ち合わせが過ぎた頃、

こう言ってくれました。


「一緒に、仕事できそうだからまたおいでよ!」

幸せを感じました。


こんなに活躍している人に出逢えたこと。

興味深く話を聞いてもらえたこと。

「一緒に仕事できそう」と言ってもらえたこと。


それから・・・

 

起業失敗談

 

その人がやってるセミナーに参加しました。

その人の講演会の手伝いをしました。

その人が主催するイベントに参加しました。


そして毎回毎回、思ってました。


「このまま行けば、良い仕事をもらえるかも!!!」

そんな日々がしばらく続いた後・・・

その社長から、望んでいた言葉をもらえました。


「僕が言うとおりのシステムをつくってくれたら、

うちの会社で売ってあげるよ。」


えっ!!本当ですか??


「月最低でも20本は売れるから、

 

毎月最低でも100万は保証できるよ。」


飛び上りそうなほど、喜びました。

毎月100万円が保証されてる。


しかも、そのシステムは月額も加算されていく。


ということは・・・

1年も経たないうちに

毎月200万円が保証されるということでした。


「これで一生食べていける。」


貯金もゼロ。

食べていくのもギリギリだった僕らにとっては、

まるで夢のような話でした。


しかも、今までの人と違って

信頼できる人。関係もつくってきている。


スタッフもみんな大喜びでした。

「やっと報われたねー。本当良かった!!!」

でも、ちゃんと期待を裏切らないものをつくらなきゃね!!


そう。本番はこれから。

しっかりとしたシステムをつくらないと、

話自体がなくなってしまいます。

 

起業失敗談

 

それから、何度も打ち合わせを重ねました。

そして、システムを開発しました。


何度もチェックして・・・

改良して・・・

とにかく没頭していました。

とにかく必死でした。


営業したり、集客する時間も削って

ひたすらそのシステムをつくりました。


もちろん、その間も

生活はぎりぎりです。


だけど、どれだけ忙しくても

だけど、どれだけ貧乏でも

ちっとも辛くありませんでした。


この先に、華やかな未来が待ってる。

そう信じられていたから。


そして、約束の2か月ギリギリに

そのシステムは完成しました。


そして、さっそく連絡しました。


「自信があるものが完成しました。

確認して頂きたいので、お打合せお願いできますか??」

 

すると、返ってきた答えは、我を失う言葉でした。

 

 

「ああ、あの話なくなったよごめんね。」

 

「え・・・」

 

「担当させようと思ってた社員が

休職することになったら、仕方ないんだよね。」


「そうなんですか・・・。

わかりました・・・。」


しばらく悲しみも、苦しみもありませんでした。

ただただ、状況が理解できませんでした・・・。


今までも散々「なかったこと」にされてきました。

だけど、この話はそれまでとは違いました。


費やした時間も

期待の度合いも

とんでもないくらい大きかった。


だから、信じられなかったし、気持ちも整理できませんでした。

 

これまでの2か月間が、何もなかったことになる。


作業にひたすら費やした時間も・・・

あの希望に満ちた時間も・・・

スタッフと話した将来への希望も・・・

幸せに溢れた気持ちも・・・

全てがなかったことになる。


正直、その社長を恨みました。

スタッフに愚痴も言いました。


「自分の都合ばかり考えて、

こっちのことは何も考えてない。

この2か月間、システムだけをやってたから集客ができてない。

売り上げが立たない。損害賠償問題だよ。」


だけど、その言葉には力がありませんでした。


「システムだけをやってたから集客ができてない?売り上げが立たない?」

本当にそうなのか?


「もし、最初からあの話がなかったら、

僕らはもっと良い現在をつくれていたか?」


と自分に問いかけたら、答えは「NO」だったから・・・。

 


自分で、自分を幸せにできない状況が最初からあった。

だから、人に頼った。そして、浮かれてた。


立ち向かうこともせずに・・・

状況を変えようともせずに・・・

人に依存して、人のせいにして・・・


それが裏切られたら、

自分の不幸を全部その人のせいにする。


そんな人間になってしまっていることに、

ようやく気付くことができました。


それから、僕らは変わろうとしました。


まず、考えたのが

「なぜ、こんなに売れないのか?」

すぐキャンセルされたり、約束を守られないのはなぜなのか?


それを考えた時に、重大なことに気付きました。


今まで、そのことについて真剣に考えたことがなかったこと。

そして、改善しようともしてなかったこと。


とにかく「人のせい」にばかりしてたことに・・・。


興味を持ってくれない人のせい。

キャンセルした人のせい。

約束を守らない人のせい・・・。


一生懸命やってきたつもりでした。


だけど、本当は・・・

「結果が出ない行動」を、何も考えずにやり続けてただけ。

 

そして、「どんな結果」を出すために

「どんな行動」をすべきかを初めて考えました。


僕らが、求めてもらえなかったのは・・・

価値がわかってもらえていないから。

 

この人達と関われば、自分は間違いなく良くなる!!

この人に仕事を頼めば、絶対に未来が変わる!!


そう思ってもらえていたら、

絶対に今までみたいなことは起こらなかった。


すぐキャンセルされたり、

約束を守られないことも起こらなかった。


だから、「助けてもらおう」という視点を捨てました。

 

「買ってください。お願いします。」

決して、その言葉を言わないと決めました。

その言葉は、誰のためにもならないことに気付けたから。

 

 

起業失敗談

 

「そんなに言うなら、買ってあげるよ」


そんな人をお客さんにしても・・・

「本当は必要としてない人」をお客さんにしても・・・

「本当はいらない人」をお客さんにしても・・・

貢献できる可能性は少ない。


その人は、

僕らのことを必要としてない。

僕らによって良くなることも信じられてない。


だったら、何をどう提供しても

受け取ってもらえない。行動してもらえない。

 

だから、

「貢献できることを伝えること」

に全力を注ぐことを決めました。


貢献できることを伝えるためには・・・

「今までと同じ伝え」方ではだめだと思いました。


交流会に行って、

名刺交換して・・・

簡単に仕事の説明をする。


今の自分は、

そんな簡単な伝え方で伝えることができない。

という結論を出しました。


ちょうどその頃、ブログの存在を知りました。

ブログで集客している人たちの存在を知りました。

 

起業失敗談


ブログや、ホームページだったら

ゆっくり伝えることができる。

じっくり伝えることができる。


そう感じた僕は、必死で書き続けました。

 

毎日毎日、必死で書き続けました。


だけど、なかなか仕事にはつながらなくて・・・

だけど、「もう、これしかない!」って思って必死で書き続けました。


もう、逃げることはしない。

もう、2度とあんな思いはしたくない。


何を書けば良いか?

どういう書き方をすれば良いか?


必死で学んで、必死で改善し続けました。

 

「ブログで伝える」ことを決めてから、数か月後・・・

 

起業失敗談


電話が鳴りました。


ブログを見てくれた人が、仕事の依頼をしてくれました。


それを期待してたくせに・・・

それを信じてたくせに・・・

信じられなくて、戸惑って・・・。

 

「なんで、うちに頼むんですか? 」                   

なんて、質問を相手にしてしまいました(笑)


でも、ちゃんと理由を教えてくれました。


「この人に頼んだら、絶対に良くなる!

と感じたんです!」

 

と言ってもらえました。


「実は、ずーーとブログを読み続けてたんです。  」  
               
と・・・。

 

それは、今までに一度ももらったことがない言葉でした。

そして、もらいたかった言葉でもありました。


価値が伝わって、

その価値が必要だと感じる。


貢献できることを伝えて、

この人だったら、貢献してくれると信じてもらえる。

 

 

「仕方なく、買ってもらう。」じゃなくて、

「欲しくて、頼んでもらえる。」


僕はずっと伝えたかった

「僕を信じてください!」って。

「僕は信じられる人だ!」って。

 

交流会や打ち合わせの日々も

ずっとずっと「信頼」がほしかった。

 

だけど、それができなかったから・・・

キャンセルされた。

決まってたはずの話が白紙に戻った。

 

そのたびに人を恨んだ。

そのたびに人を信じられなくなった。

 

だけど、それは全部「自分のせい」だった。

それは、「自分の伝え方のせい」だったことに改めて気づけました。

 

だから、なおさら嬉しかったんです。

 

「人に貢献できることを伝える」

その伝え方が、やっとできたことが。

 

その後も、僕はひたすら「伝える」ってことに力を注ぎました。

 

そして、「伝える力」が高まれば高まるほど

「必要とされる」度合いが高まっていきました。

 


ブログでの集客は、日々加速していきました。

 

今までが嘘のように・・・

毎月、ブログとホームページで


「お願いしたいんですけど、

お引き受けいただけますか? 」
                  
という依頼をもらえるようになりました。

 

そして、そうやって頼んでくれる方達は、

一生懸命な方達ばかりでした。

 

大事に、僕らの話を聞いてくれる。

一生懸命に取り組んでくれる。

そして、結果を出してくれる。


結果を出したら、喜んでくれて

周りの人に伝えてくれる。


そして、その人達がまた僕らのブログを読んでくれる。

そして、信頼して依頼してくれる。


そんな流れが生まれていきました。

その頃には、もう生活費の心配をすることもなくなっていました。

 

 

「出逢う人達の質」が変わっていきました。

とにかく、前向きで僕らを大事にしてくれる。

とにかく、沢山行動してくれる。

 

僕ら自身も、昔のように

「とにかく終わらせて、お金をもらう」

という姿勢じゃなく・・・


「この人たちのために、がんばりたい!」

という姿勢に変わっていきました。

 

お客さんの結果は

面白いように出るようになりました。

 

「売り上げが倍になりました。」                            

「ホームページからのお客さんだけで、埋まるようになりました。」
「出版が決まりました。」
   
                       

 


「沢山のお客さんが結果を出してくれたこと」

「会うのが楽しみなお客さんばかりになったこと」で、

「もっと貢献したい!」という気持ちが出てきました。


「もっと貢献する」ためには、

「もっと伝えること」が必要だと確信していました。


僕らの価値だけじゃなくて・・・

「行動の価値」や「伝えることの価値」を伝えることを

やっていくことにしました。

 

そして、

お客さんにしてはいけない人,集客してはいけない人

 

セミナーをやり始めました。

 

少ない人数から、コツコツと積み重ねていきました。

 

 

それから1年後には、事務所を自宅のキッチンから

 

 

ずっと目標にしていた「恵比寿」に移すことができました。

 

その後も、ブログ、ホームページ

講座を中心に伝え続けました。

 

 

小さい会社のブランディング、経営スクール


そして、沢山の人達と出逢い、深く繋がることができました。

 

2000人の経営者の方が、学びに来てくれました。

 

 

 

(マインドプラス5周年講演会&パーティー写真)

 


今振り返ってみて、「強く感謝できる瞬間」があります。


「あの話は、なかったことで・・・ 」        

                  
あの日、その言葉を言われた時・・・

僕は「なかったこと」にできなかった。


人を恨んだし、自分を恨んだ。

悲しみもしたし、苦しみもした。

 

「はじめから、なかったら良かったのに・・・」

と心から思った。

 

だけど、なかったことにできなくて、本当に良かった。


そのおかげで、

伝えることをしてなかった自分に気付けた。

伝えることの重要性に気付けた。

 

そのおかげで、今があります。

 

そして、もうひとつ。


「あの話は、なかったことで・・・」  
と言われて良かった。

 

あの時に、あの話がうまくまとまってたら

僕は今ほど幸せに働けていない。


収入も今より、下回ってた。

 

せっかく起業したのに、

自分の足で立たずに、ずっと依存してた。

 

自信も持てないままでいたと思う。

 

そして、

ブログもやってない。

講師にもなってない。

 

そして、何より・・・

 

態度が違う理由

 

今周りにいてくれる大事な人達と、出逢えてすらなかった。

 

 

「一生食べていける仕事」がダメになったおかげで、

僕は「価値を伝える」ということに気付けた。

 

そして、価値さえ伝えることができれば…

「一生幸せに働いていける」ことに気付けた。

 


最後に・・・

「あの話はなかったことで・・・」               

と言った会社は、今はもう社員もほとんどいなくなって

会社の体を成していません。

 


「一緒に仕事していたら・・・」と思うと、ぞっとします。

 

だけど、こうも思います。


「助けてもらおう」じゃなくて、「貢献しよう」


僕が、その気持ちを強く持っていたら、

その会社は、今もうまくいってたんじゃないか?って・・・


「依存するんじゃなく、依存させるんじゃなく、

お互いがお互いに貢献する。」


そんな関係をつくっていきたい。

そんな関係でいつづけたい。


そのためには、やっぱり価値を伝えないと・・・。


お互いが信頼しあえるように。

お互いが大事にしあえるように。

お互いがお互いのためにがんばりたいと思えるように。

 

 

講師養成スクール

 

だから、僕達は

企業理念通り・・・

 

「伝えられる人」を増やし続けていきます。

 

 

ブログ×ホームページ勉強会  開催数80回超!!

開催数70回を超える人気勉強会。マインドプラスの現在を築き上げたブログとホームページでの集客方法をお伝えしています。
 
ブログとホームページをどうやって見てもらうか?何をどうやって書いていけば良いのか?
どうやって必要としてもらうのか?を分かりやすく、丁寧にお伝えしている勉強会です。
 
 
 
 
【このコラムの著者】
マインドプラス 代表取締役
春明 力 (はるあけ ちから)
中小企業の経営者、個人事業主に向けてセミナー・講演を主に担当。主催、講師を務めたセミナー数は、200回以上、参加者数も1900人を超える。スクール、ワークショップ、外部でも講師を務める。
【プロフィール】
長崎県にある炭鉱業と漁業が盛んだった西海市出身。小さい頃は町は活気に溢れていたが、12歳の頃から地元の炭鉱がリストラを始めたことにより、友人達の親をはじめ、失業者が・・・ >>春明のプロフィール・活動・評価はこちら
 

春明が講師を務めるセミナー・スクール

ブランディングセミナー  開催数40回超!

ブランディングとはお客様から求めてもらうこと
そのためには、「価値」を伝えることが必要です。
価値を伝えるためには・・・
何を、どこで、どうやって伝えていけば良いのか?
事例を交えながら、起業前の方から経営歴が長い方までわかりやすく、愛される存在になるための行動をお伝えするセミナーです。
 
 
 

ブログ×ホームページ勉強会  開催数80回超!!

開催数70回を超える人気勉強会。マインドプラスの現在を築き上げたブログとホームページでの集客方法をお伝えしています。
 
ブログとホームページをどうやって見てもらうか?何をどうやって書いていけば良いのか?
どうやって必要としてもらうのか?を分かりやすく、丁寧にお伝えしている勉強会です。
 
 
 

「伝えられる講師」になるためのセミナー

過去1700人以上の方の前でお話してきた春明が、「伝えられる講師」になるための内容の作り方から、集客方法までをお伝えするセミナーです。
 
講師のメリットとは何なのか?未経験者がはじめるために必要なものは?内容・集客方法等を分かりやすく、丁寧にお伝えするセミナーです。
 
 
 
 

人のSNS見て落ち込む時は? 「他人のSNS見てたら、 みんなが羨ましくなって、自‥ 続きを読む
どんな不安も楽しさを奪うことなんてできない。 こちらのコラムにも書いたんですが、 ‥ 続きを読む
夢を実現したダンススタジオ経営者 エフェクターズスクールの卒業生で 活躍されている‥ 続きを読む